大学病院を3年めで退職

みなさまは看護師と聞くとどんな仕事生活を思い浮かべるでしょうか。夜勤があったり、命を預かる仕事だから大変そう… でもそのぶんお給料はよさそう。そんなイメージかもしれません。実は、ブラック化しているのは一般の仕事だけではなく、看護師職もなのです。確かに大変な部署ではその分の手当が出る場合もありますが、だいたいの場合は基本給は低く、仕事のキツさに対してお給料が低いことに不満を持っている人は多いようです。このサイトでは、看護師のみなさんが実際にもらっているお給料の額のお話を中心に、勤務中の苦労話もあわせてまとめています。
まずは勤務中の苦労話から。30代女性、大学病院産婦人科病棟3年、総合病院産婦人科・外科病棟4年、公立病院産婦人科・内分泌病棟3年の経験がある方です。
プロフィール:
看護師、助産師として10年以上の臨床経験があります。現在は1歳児の子育てをしながらパートとして勤務中です。子育てが一段落したら正職員として復帰する予定です。

卒後に就職した大学病院を、2年めで辞めたくなった

看護師2年目のとき、卒後に就職した大学病院を辞めたくなりました。

2年めから急についていけなくなった

大学病院に就職し、産婦人科ち小児科の混合病棟に配属されました。配属当時、新人は私一人でプリセプターはじめ、多くの先輩に丁寧に指導してもらいました。温かく見守ってもらいながら1年を過ごした感じでした。
しかし2年目になると、急に先輩方の目が厳しくなりました。わからないことがあり聞いても「2年目は新人と違う」という理由で突き放されることが多く、本当に戸惑いました。そして次々と委員会やリーダー業務も始まり、自分に余裕がなくなる中で厳しい指導が続き、心身ともについていけなくなりました。2年目の秋頃に先輩から厳しく叱責を受け、その理由が自分の中で納得できなかったため、辞めたいと思うようになりました。

心身症状が出るほどつらかった

毎日気分が重く、夜間なかなか寝付けなかったり、病棟に来ると動悸がするなど体の変調が見られるときもありました。

結局3年勤務してから退職

2年目の秋に受けた先輩からの厳しい叱責で、自分の中では辞めようと決めました。そして叱責を受けた翌日に病棟師長に辞めたい旨を申し出ましたが、説得されました。しかし私の中では決めたので、辞めたい気持ちは変わらないことを伝えました。その後も何回か師長から説得を受けましたが決意は変わらなかったです。すると、師長が私が退職したい意向であることを看護部長に話したようで、部長から呼ばれ面接をすることになりました。
私はその面接で、先輩から受けた叱責に納得がいかないこと、指導方法への不満等を全て話しました。看護部長は、私の考えを一部理解してくださり、私がどのように思っているかをその叱責に関わった先輩達に話すので、もうしばらく勤務できないかという話になり、私も退職を一旦保留しました。実際、病棟で部長と師長、先輩達で話し合いが行われたようです。
翌年に人事異動が行われ、指導方法にも改善が認められたため、私は結局丸3年その大学病院に勤務し退職しました。現在は大学の保健センターで非常勤保健師をしています。

看護部長が動いてくれたことに驚き

辞める他の選択肢はなかったです。叱責を受けた後は辞めることしか考えられなかったです。看護部長から話を聞いた際も、正直期待していなかったので辞めるつもりでした。ですので、看護部長がこれほど動いてくれたことには驚きでした。

不満はきちんと伝えて

私は辞めると決めたあとは開き直りましたので、師長にも看護部長にも溜めていた不満をはじめ全てを話しました。今ではよく言ったものだと自分でも感心しますが、言わないと誰も気づいてくれません。私の場合は言ったことで看護部長が動いてくれ、私の意見に賛同してくれる先輩が現れたため、結果として大きく職場環境を変えることにつながりました。
全てがこのようにうまくいくとは限らないと思いますが、一か八かではっきり上司に言うのも有効かもしれません。その時の上司の態度や意見を見て、ダメだと思えば我慢せずに辞めてもいいと思います。自分一人で抱え込んでも、周りは見て見ぬふりをするもんですから。とにかく声をあげてみてください。